信用できそうな会社を選ぶ

普段は無縁な探偵社ですが、とんでもないインチキな会社も存在するので、ネットでクチコミをチェックするなどして、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約するようにしましょう。

尾行で探偵必携の道具というと、従来は発信機がありましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかに調査対象の追跡性能がアップしました。

最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

GPS を取り付けることができれば調査の精度はさらにあがります。

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。

もっとも、パートナーの対応によっても変わるでしょう。

しかし、別居や離婚ということになるばかりか、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。

本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、償っていかなければいけません。

興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が得られないといった例もあるでしょうし、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめ確かめてから契約することが不可欠です。

そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することが結果を左右するのはいうまでもありません。

浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったという自己中心的な感情です。

また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫という一線を超えさせてしまうわけです。

浮気を未然に防止するために、お互いの話に耳を傾け、不満に思っていることは何なのかを確認しあうのも大事なのではないでしょうか。

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPSの衛星測位システムを使って浮気を簡単に見つけられるようになりました。

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持ってもらうことで、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを特定できてしまうのです。

別に違法というわけではないですし、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれを使ってみるのも手ですね。

気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。

厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体関係があることを言うのです。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに代償として慰謝料を請求することが可能です。

興信所に調査を依頼し、不貞行為の証拠を押さえ、不倫行為への慰謝料を要求することで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるような利用法も少なくないです。

不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、パートナーにバレたからというものです。

ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

どうしたって探偵事務所や興信所等に相談し、調査してもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。

そのかわり、浮気の探偵の依頼で浮気の匂いを察知するあたりまでは、あくまでも自分自身でやらなければいけないのです。